キャッシングにおける就職先の有利不利

キャッシングは、最近はパートやアルバイトなど一定の安定した収入がある人なら申し込める会社が多くなってきて大変便利ではあります。
申込の際には、当然審査があるわけですがそのときには、年収や持ち家かどうか、勤務年数や他社からの借り入れなどがないかなど様々なことを調査します。
その審査の中に、職業というのもあります。
実は、キャッシングの審査では職業によって有利になったり不利になったりすることがあります。

例えば、有利にになるのが公務員です。
キャッシングの審査では、年収よりも収入などの安定性が重視されています。
公務員は、不祥事などがない以外は辞めさせられることもありませんし、給料が大幅に減ることもありません。
多くの職業の中でも、最も収入が安定しているため、返済能力が高いとみられます。
また、一般企業でも大手の正社員だとやはり有利になります。
逆に、中小企業の派遣などだと不利になりがちです。

そして、不利になりがちなのが自営業です。
これは、収入や雇用の面でも安定していないため、返済能力などが低くみられてしまいます。
また、どの職場であってもパートやアルバイト、派遣という立場だと、実際審査は厳しくなってきます。
例え、通ったとしても限度額が低かったりと制限が正社員などと比較すると色々あります。
就職してない無職だと、まず審査は通らないと考えたほうがいいでしょう。

このように、キャッシングの審査では就職によって有利や不利になったりします。
多く借りたい場合や、審査を通しやすくするためには出来れば有利になる職業に就いていた方がいいといえます。